単利と複利の違いについて

借金返済するための7つのツボ

単利と複利の違いについて

読了までの目安時間:約 3分

 


単利と複利の違いについて

スポンサードリンク

このような高金利を課してくるのは殆どの場合、行政機関への登録がなされていない、いわゆる"ヤミ金融"と言われる業者です。

利息計算の単利と複利

金利に関してもうひとつ知っておきたいのは利息計算が"単利"か"複利"かということです。

"単利"というのは元金にのみ金利をかけて利息計算をするもので、利息に対して金利はかかりません。

単利の計算

例えば100万円の元金に対して年率29.2%の金利で1年借りたとしても、《100万円×0.29=29万円》となって129万円となります。

1ヶ月であれ ば《100万円×(0.29÷12ヶ月×1ヶ月)=2.4万円》となって102.4万円

3ヶ月であれば《10万円×(0.29÷12ヶ月×3ヶ 月)=7.2万円》となって107.2万円の返済になります。

さらに短期で返済できる場合、10日で返済すれば《100万円×(0.29÷365日×10日)=0.79万円》と、利息は8,000円程度で済みます。

恐ろしい複利で増える金利

一方"複利"について考えてみましょう。

元本だけでなくて利息にも利息がついてしまうために100万円を1年で返済できれば利息は"単利"と同じく《100万円 ×0.29×1年)=29万円》となって100万円の元金をたして129万円になります。

しかし2年目には《129万円×0.29=37.4万円》となって1 年目の129万円の元金をたすと《129万円+37.4=166.4万円》

そして3年目には《166.4万円×0.29=48.25万円》となって2年目の 166.4万円の元金をたすと《166.4万円+48.25=214.6万円》と雪だるま式に増えていきます。

通常の消費者金融では"複利"で利息計算することは出資法で禁止されているために、すべて単利計算がおこなわれていますが、一部の"ヤミ金融"と言われる業者のあいだでは複利計算で請求が行なわれているとも言われています。

"複利"は資産運用に使われる場合は非常に魅力的ですが、逆に借金の返済に使われる場合は非常にこわいものです。

もう無理、ダメと言う状況ならすぐに法律事務所だが・・・

管理人

まだそこまで行っていない・・・しかしけっこうヤバイかもしれない。そう思っているなら、当サイト1位「街角相談所」無料サービスはかなり役立つだろう。

>>借金減額の診断はこちら(無料借金減額シミュレーター)

あなたの現状の借入件数、そして総額などを入れるだけですぐわかる。

さらに匿名OKなので、かなり気は楽だ。

当サイト借金相談おすすめサイト:ベスト3

管理者

借金って・・・最初は痛みを伴わない。それよか最初は「このくらい大丈夫・・・」と、借りてしまう。

そして、そろそろマズイかもと思っても借りてしまう。ヤバイと思った時には、かなり重症。追い詰められているはずだ。私みたいに7桁超えていたら、絶対に、すぐに、相談した方がいいよ。

ちなみに私は街角相談所」の無料相談でまずは相談をしました。

街角相談所
街角相談所

オンラインで簡単「減額診断」は毎月3000人が利用をしています。

借金の返済が苦しくなってきた。借金0円も夢じゃない。債務整理の匿名無料相談で毎月たくさんの方々匿名無料診断をしています。

弁護士法人サルート
弁護士法人サルート

借金はもうたくさん!返済中心の生活から脱出をしませんか?

相談料は無料。費用は分割可能。至急対応可能です。借金はもうたくさん。やり直したいと思っているあなたはすぐにご相談です!

ヤミ金レスキュー
ヤミ金レスキュー

女性からの相談のみに限定をして、お悩みを即日に解決します!

ヤミ金問題を抱えている女性が多いにもかかわらず、女性専門ヤミ金窓口は少ないのが実情。近年増加する女性ヤミ金問題はこちら!


 

多重債務に陥らないため 自己破産をしないために

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る