解雇でローンが支払えない人はどうすればいいか?

借金返済するための7つのコツ

解雇でローンが支払えない人はどうすればいいか?

読了までの目安時間:約 3分

 


解雇でローンが支払えない人はどうすればいいか?

行破産制度に、懲罰的な意味合いはなく、自己破産をしても、選挙権がなくなる等、公民権が停止されることはないようです。

債務整理手続について

債務整理手続とは,自力で借金その他の債務を返済することが不可能または困難になった人が,弁護士または裁判所の力を借りて,債務の減免や返済期限の延長などをしてもらって,生活の再建を図る法的手続の総称となっているのです。

但し、会社の取締役や司法書士・弁護士等法律上その資格を失うものがあるようですが、一般的にはあまり関係ないようです。

また保険の外交員や警備会社の警備員等は続けられなくなる場合があるようです。高額の債務を抱えているだけでなく,借金問題のため既に仕事や家庭も失い,自力では生活の目途も立たない状態なのです。

借金の取り立てを逃れるため親族や友人の家などを転々としたり,ホームレスになったりするケースも多く,生活苦のため犯罪に走るケースもあるようです。

実質的不利益はあるか?

しかし通常は仕事も続けられますし、職場に直接通知が行くこともないようです。

仮に会社に知られてしまったとしても、会社は破産を理由に解雇することはできないようです。

借金苦に陥った人がそのような事態に陥ることを防ぐために,自己破産や個人再生などといった救済手続きを設けているようですし,弁護士もこれらの手続きの代理や借金相談業務のほか,古くから任意整理による救済を行っているのです。

財産がほとんどない同時廃止型破産の場合は、実質的不利益はほとんどないようです。

お金を借りることはできない

一番大きな不利益は、以後5年から7年程お金がどこからも借りられないことなのです。

不動産を持っている場合などは、破産管財人が選任されるようですが、郵便物が破産管財人を経由してから届くなどの不自由はあるようです。

借金問題は,いわば病気と同じなのです。早いうちに弁護士に借金相談しておけば,債務整理も業者との間の任意整理をするだけで済むことが多いようですが,問題が深刻になるまで放置しておくと,借金問題の解決やその後の生活再建はどんどん困難になっていくようです。

 

借金はどのような人がするか

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る