借金返済するための7つのツボ

借金返済するための7つのツボ

奨学金を返すことができない若者が増えているって本当?

読了までの目安時間:約 4分

 


奨学金を返すことができない若者が増えているって本当?

スポンサードリンク

昔に比べて大学に進学する若者が増えたのは、よく知られていることです。

しかし、誰もが授業料の安い国立大学に行けるわけではなく、中には奨学金を申請して私立大学に進む学生さんもいます。

大学進学は悪いことではありませんが、大学を卒業したあとに学費を払うことができず、破産に追い込まれてしまう学生もいるとか…。

奨学金を返すことができない若者の問題は、よくニュースにもなっていますよね。

奨学金のどういったところが問題になっているのか、それをまとめてみました。

「奨学金」とは借金であるということ

近年、指摘されているのが「奨学金」という言葉についてです。

奨学金は大学に行くために借りるお金のことなので、これを使って大学に行くことは悪いことではないと言われ、時には「親孝行だ」と褒められることもありました。

しかし、この「奨学金」という言葉が良くないと指摘する声が挙がっています。

学費のためだろうが、浪費だろうが、お金を借りることは「借金」です。

私立系の大学を奨学金だけで行こうとすると、数百万円のお金がかかることは当たり前。

国立でさえ、年間の授業料は60万円ですので、私立ともなればそれ以上に高くなります。

いくら学費のためとはいえ、この金額を18歳(浪人しなければ)の若さで背負うことは、過酷なことではないでしょうか?

世間が「親孝行」「勉強熱心」とほめたたえるために「奨学金は悪いものではない」という風潮が出来上がっていますが、卒業後に数百万円もの借金を返していくことはたいへんなことです。

「奨学金」という言葉が、借金であるということを隠してしまっている・わかりにくくしてしまっているという指摘は、もっともなことでしょう。

18歳の子供に、数百万円を背負う重みが理解できるかどうか

問題は、その奨学金という名の借金が18歳という若さで発生することです。

今の時代、大学に行く人は本当に増えているので、子供が「自分も大学に行きたい」と考えるのは当たり前のことです。

また、18歳という若さでは「月に3万円くらいの返済なら、楽にできるはず」と考えてしまうことも当たり前です。

しかし、実際に社会に出た後「月に3万円ずつ返済していく」ということは本当に大変なことですよね。

特に、今は大学を卒業してもいい就職先があるとは限らない時代です。

数百万という金額を背負うことの重さが、18歳の子供にきちんと理解できるでしょうか?

もし、就職先が遠いところにあれば、実家を出て一人暮らしをしなければならなくなるかもしれません。

その時に、月に3万の返済をしていくことができるかどうか…そういうことまで含めて、奨学金を頼るかどうかを決めなければなりません。

子供の奨学金については、親がきちんと調べた上で子供に「本当に返していくことができるのか?奨学金を背負うのはこれだけ大変なんだぞ」と言い聞かせなければなりません。

それを怠って、「返していけるだろう」と安易に奨学金を認めてしまう親がいることも、大きな問題です。

奨学金は借金である!きれいごとではない

奨学金は、言葉こそ違いますが「間違いなく借金である」という意識を持つべきです。

特に、親自身が奨学金のことを調べ、子供とよく話し合わなくてはいけません。

多くの学生が、奨学金を返していく辛さを知らないまま借金を背負い、後に多大な苦労をすることになってしまっているという現実を知ってください。

大学に行きたいという気持ちは素晴らしいですが、そのために将来「お金に苦しむ」ということがあってはいけないのです。

借りるにしても、できれば半分は親が負担するなど「子供にかかる負担を軽減するための措置」が必要ですね。

もう無理、ダメと言う状況ならすぐに法律事務所だが・・・

管理人

まだそこまで行っていない・・・しかしけっこうヤバイかもしれない。そう思っているなら、当サイト1位「街角相談所」無料サービスはかなり役立つだろう。

>>借金減額の診断はこちら(無料借金減額シミュレーター)

あなたの現状の借入件数、そして総額などを入れるだけですぐわかる。

さらに匿名OKなので、かなり気は楽だ。

当サイト借金相談おすすめサイト:ベスト3

管理者

借金って・・・最初は痛みを伴わない。それよか最初は「このくらい大丈夫・・・」と、借りてしまう。

そして、そろそろマズイかもと思っても借りてしまう。ヤバイと思った時には、かなり重症。追い詰められているはずだ。私みたいに7桁超えていたら、絶対に、すぐに、相談した方がいいよ。

ちなみに私は街角相談所」の無料相談でまずは相談をしました。

街角相談所
街角相談所

オンラインで簡単「減額診断」は毎月3000人が利用をしています。

借金の返済が苦しくなってきた。借金0円も夢じゃない。債務整理の匿名無料相談で毎月たくさんの方々匿名無料診断をしています。

弁護士法人サルート
弁護士法人サルート

借金はもうたくさん!返済中心の生活から脱出をしませんか?

相談料は無料。費用は分割可能。至急対応可能です。借金はもうたくさん。やり直したいと思っているあなたはすぐにご相談です!

ヤミ金レスキュー
ヤミ金レスキュー

女性からの相談のみに限定をして、お悩みを即日に解決します!

ヤミ金問題を抱えている女性が多いにもかかわらず、女性専門ヤミ金窓口は少ないのが実情。近年増加する女性ヤミ金問題はこちら!


 

自己破産をしないために

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る