消費者金融で知っておきたいことをチェック

借金返済するための7つのツボ

消費者金融で知っておきたいことをチェック

読了までの目安時間:約 6分

 


消費者金融で知っておきたいことをチェック

スポンサードリンク

かつて"サラリーマン金融"と呼ばれていた"消費者金融"は別名 "ノンバンク"とも呼ばれ、サラリーマン・主婦・学生などを対象とした無担保の小口融資で預金を扱わない金融機関のひとつです。

現在では業界のイメージも変わって、若い女性や高齢者も借りやすくなってきましたが、「簡単に借りて必要な時にすぐに利用することができる」という メリットが「多くの消費者金融から同時に借入れをして、利息が雪だるま式に増えて返済が困難になる」というデメリットを招いて、"多重債務"に陥る人が増 えています。

このような消費者金融について知っておきたいことを考えましょう。

消費者金融いくつかのデメリット

そこで消費者金融を利用する際には、いくつかのデメリットがあるということも知っておかなければなりません。

まず1つ目は、金利が15%~29.2%程度と高めであるということです。

利息の上限は法律によって定められていて、民事では借金の利息の上限を超えたものは無効となるという"利息制限法"という法律があり、10万円未満 であれば20%、100万円未満であれば18%、100万円以上であれば15%というように元金の金額に応じて決められています。

また刑事では"出資法"という法律があって、利息は最高年利29.2%までということになっていて、これを超えたものに関しては刑事罰の対象とされています。

グレーゾーン金利

よく問題となるものに"グレーゾーン金利"というのがありますが、これは民事では20%以上の金利は認められていないために無効であるけれども、 29.2%以内であれば刑事罰は下されないということでこの名前がついているものですが、消費者金融業者の中にはこの"グレーゾーン金利"を利用して巨額 の利益を得ているところもあります。

そこで、法律上は20%以上の金利を払っている場合は返還してもらうことができるということになりますが、これまでは正式な契約書類が取り交わされ て契約者が納得の上で支払っている場合は、"みなし弁済"といって"利息制限法"を超えた利息が有効になり返還を求めることができなくなっていました。

ところが2006年には「"利息制限法"を超える金利を支払わないと、一括返済を求められるというような消費者が弱い立場にある場合は"みなし弁 済"は認められない」という判決が最高裁判所で下されました。

事実上みなし弁済"は否定されたために、今では殆どの場合法律的にも過払い金の返還請求をすることができるようになりました。

借入れが簡単"というメリット

けれども"消費者金融"には"利息は高いが借入れが簡単"というメリットがあって、しっかりとした計画を立ててから利用すれば、非常に便利な機関でもあります。

例えば、銀行系や信販系の金融機関では、金利は1ヶ月を単位として定めた"月利"ですが、消費者金融の場合は1日を単位として算出して日数に割り当 てられた"日割り計算"になっているために、短期間で返済できる見込みがある場合は消費者金融で借りるほうが、金利は非常に安くなります。

「数日後の給料日には確実にお金が入ってくるのだけれども、急に現金が必要になってしまった」などというように、入金の目処がたっている場合の金欠状態を乗り切るには非常に役に立ちます。

すぐに返済すれば利便性が高い

さらに具体的に言えば、金利が29.2%と最高金利であったとしても10万円借りてこれを1日で返済すれば金利は80円で済み、消費者金融では借入れや返済の際のATMの利用に手数料がかからないために銀行のATMを利用するよりも安くなることもあります。

しかもATMの利用時間が通常の銀行のATMよりも長く、大手消費者金融では24時間可能なところもあるために、いざという時には心強い味方になってくれます。

また、銀行系や信販系のマイカーローンであれば車に関する用途に、住宅ローンではマイホーム購入の用途になどというように使途に制限がありますが、"消費者金融"の場合は用途が問題にされたり、用途によって借入金額が減ったりということはなく融通がききます。

借入の内容がすべて登録される

ただ消費者金融を利用すると"情報センター"に借入金額や借入日時、残高、返済状況などといった借入の内容がすべて登録されます。

3ヶ月以上滞納した場合には完済しても5年間、自己破産や民事再生といった免責を得るための措置が行なわれた場合には7年間情報が残るります。

これは、例えば銀行などで住宅ローンやマ イカーローン、教育ローンなどの申請をしても、借入のデータが残っている場合には承認が下りないことがあるので気をつけておいたほうが良いでしょう。

もう無理、ダメと言う状況ならすぐに法律事務所だが・・・

管理人

まだそこまで行っていない・・・しかしけっこうヤバイかもしれない。そう思っているなら、当サイト1位「街角相談所」無料サービスはかなり役立つだろう。

>>借金減額の診断はこちら(無料借金減額シミュレーター)

あなたの現状の借入件数、そして総額などを入れるだけですぐわかる。

さらに匿名OKなので、かなり気は楽だ。

当サイト借金相談おすすめサイト:ベスト3

管理者

借金って・・・最初は痛みを伴わない。それよか最初は「このくらい大丈夫・・・」と、借りてしまう。

そして、そろそろマズイかもと思っても借りてしまう。ヤバイと思った時には、かなり重症。追い詰められているはずだ。私みたいに7桁超えていたら、絶対に、すぐに、相談した方がいいよ。

ちなみに私は街角相談所」の無料相談でまずは相談をしました。

街角相談所
街角相談所

オンラインで簡単「減額診断」は毎月3000人が利用をしています。

借金の返済が苦しくなってきた。借金0円も夢じゃない。債務整理の匿名無料相談で毎月たくさんの方々匿名無料診断をしています。

弁護士法人サルート
弁護士法人サルート

借金はもうたくさん!返済中心の生活から脱出をしませんか?

相談料は無料。費用は分割可能。至急対応可能です。借金はもうたくさん。やり直したいと思っているあなたはすぐにご相談です!

ヤミ金レスキュー
ヤミ金レスキュー

女性からの相談のみに限定をして、お悩みを即日に解決します!

ヤミ金問題を抱えている女性が多いにもかかわらず、女性専門ヤミ金窓口は少ないのが実情。近年増加する女性ヤミ金問題はこちら!


 

消費者金融を知っておこう

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る