自己破産について周りの人に相談してみる

借金返済するための7つのコツ

自己破産について周りの人に相談してみる

読了までの目安時間:約 3分

 


自己破産について周りの人に相談してみる

あなたが今考えている自己破産は、イメージしている程大変かつ周りに顔向けが出来ない惨めなもの、或いは以後の生活・人生に支障を来たすというものではないようです。

免責が下りるかどうか

又、きちんと専門家が診断すれば、必ずしも自己破産をする必要が無いケースも有るようです。

自己破産の手続きは簡単なのですが、免責が下りるかどうかは、弁護士さんにご相談した方が良いと思うのです。

支払い能力が無ければ、免責は下るようです。例え結果的に自己破産をしたとしても、免責さえ受ければ戸籍にも載らないのです。就職にも支障はないようです。

弁護士や司法書士に依頼して手続きを済ませれば、家族や友人、同僚等に知られずに自己破産をする事が出来るようです。

債権者への返済もストップ

取り立ての電話や各債権者への返済もストップ出来るようです。

デメリットは、7~10年、クレジットやローンが組めない事や、職種によっては制限があるようです。

マイホームなども、任意売却されるか、競売にかけられてしまうのです。

現在は新破産法によって、ある程度の産を残すことも出来るようになり、自己破産は今まで以上に利用し易くなっているようです。

自己破産におけるメリットでは、自分の持っている債務を返さなくていいという点が一番だと思うのです。

ただし借金をなくすというのは、借金の相手方に損失を負わせているわけですから 当然代償としてのデメリットもあるようです。

7年経つと自己破産できる

自己破産は頑張れる方に再チャレンジのきっかけを与えてくれる国が作った制度となっているようです。

毎日借金の事で悩み続けてもストレスで肉体的にも精神的にもあなたの為にならないのです。

それよりも、きちんと自己破産相談をして適正な処置を施し、第二の人生に向けて一歩踏み出しませんか?

裏返すと7年経つと自己破産できてしまうようですし、実際に7年経ったら再び自己破産する人も結構いるのです。

債務整理の方法として最初に思いつくのは、自己破産だと思うのです。実際に債務整理の中でも一番多く利用されているようです。

しかし、あくまで自己破産は最終的な手段となっているのです。

債務整理を行う方法は、他に3つの方法があるようです。

クレジットやサラ金で多重債務に陥ってしまい、考える余裕がなくなっていらっしゃる方もたくさんいらっしゃると思うのです。

 

自己破産をする場合

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る