クレジットカードもローンも同様の借金だ!

借金返済するための7つのコツ

クレジットカードもローンも同様の借金だ!

読了までの目安時間:約 3分

 


クレジットカードもローンも同様の借金だ!

クレジットやローンは上手に利用すれば生活を豊かにすると共に、広くは経済全体の発展に寄与します。

例えば昔はお金持ちのステータスだった自動車が各家庭に1台以上はあるまでに普及したのも、サラリーマンの持家がごく一般的になったのも全てクレジットやローンのお陰です。

しかしクレジットやローンはその便利さのあまりつい「借金」だという事を忘れがちになります。

クレジットカードを使ってお買物をすればその場ではお金は1円も要りませんが、期日になれば必ずカード会社から請求書が来て銀行口座から代金が引き落とされます。

代金決済をするまでの間はカード会社から借金をしているのと全く同じです。

ローンカードでお金を借りた場合は言うまでも無く正真正銘の借金ですね。

1人が複数枚のクレジットカードやローンカードを持っているのが当り前の現代、最も怖いのはこのカードの便利さに目を奪われて何時の間にか借金が積み重なる事です。

カード社会ではちょっと油断をすると、この借金は積もり積もって気が付いてみたら収入だけでは返済が不可能になっている事がよくあります。

そうなると借金を返す為に別のカード会社や消費者金融からお金を借りる事になり、利息の返済が嵩んで借金は雪だるま式に増えて行きます。

この状態になればもう立派な多重債務です。

クレジットやローンで特に注意しなければいけないのが、返済条件の「リボルビング払い」です。

リボルビング払いというのは借金の残高には関係なく、毎月一定額の返済さえ滞らせなければ限度額一杯まで多額のお買物や借り入れが出来るというもので、現在ほぼ全てのクレジットカードやローンカードではこの返済方法を選択出来る様になっています。

このリボルビング払いは借金の総額に比べて毎月の返済額はそれほど増えないので、つい過剰なお買物や借入をしてしまいがちです。

気が付いていない方も多いのですがリボルビング払いの場合未返済の残高には消費者金融並の金利が掛かっている他、返済が滞った場合の違約金も消費者金融と変わりません。

ですから失業などで収入が無くなり返済が滞ると残債は雪だるま式に膨れ上がります。

 

多重債務に陥らないため 自己破産をしないために

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る