クレジットカードの借金返済をするには?

借金返済するための7つのコツ

クレジットカードの借金返済をするには?

読了までの目安時間:約 4分

 


クレジットカードの借金返済をするには?

借金にも色々な原因がありますが、その中でも特に多いのが「クレジットカード」を使った借金です。

借金まではいかなくても、「今月ちょっと使いすぎて、支払いがキツいなあ…」という状況になったことはあるのではないでしょうか?

それで済めばいいのですが、人の中にはあまりにもクレジットカードを使いすぎてしまい、気づいた時には返すことが不可能な額に膨らんでしまっていた…ということがあります。

現金だと、財布の中にどのくらいのお金が残っているのかが解りやすいでしょう。

でも、クレジットカードだと現金を使っているという実感がいまいち薄いので、ついそれを使って買い物をし過ぎてしまうという人が少なくありません。

「ポイント」目当てにクレジットカードを作る人が増えている

クレジットカードは、今や買い物をするだけのカードではありません。

カードを使って買い物をするだけで、ポイントがたまって好きなものを買うことができるため、買い物をすべてクレジットカードでするという人は本当に増えています。

むしろ、「クレジットカードを使わないことは損」という人もいるくらいで、私たちの生活にクレジットカードは思った以上に根付いています。

もちろん、正しく使えばクレジットカードは本当に便利なものです。

でも、クレジットカードのポイントが沢山つくからといって無駄な買い物をしてしまったり、ポイントはたまったとしても借金ができてしまったり…ということでは本末転倒です。

まず、クレジットカードの使い方を改めるところから借金返済を考えていきましょう。

返すことができない借金が増えるくらいなら、いっそのことクレジットカードは破棄することをお勧めします。

では、どうやってクレジットカードの借金を返すのか?

まず、クレジットカードを使わないようにすることは基本中の基本。

カードは封印しましょう。

カードを使わなければとりあえず新しい借金が増えないので、今後の返済計画をシミュレーションしやすくなります。

まず、自分の借金をもう一度見直してください。

もし借金の中に膨大な利息がある場合は、普通に返しているだけではいつまでも利息ばかりの返済になり、肝心の元本を返すことができないという悪循環になってしまいます。

そこで、返済額を5000円でもいいので上げていきましょう。

これにより、利息の返済が早まり元本を減らすことにもつながります。

借金返済をするときは「一刻も早く利息の部分を払いきってしまう」ということが大事。

とにかく、借金の一番の敵は利息だということを頭に入れておいてください。

また、利息は返済が滞ればそのぶん膨れ上がっていってしまうもの。

本来であれば払わなくていいお金なので、できるだけ早くに減らして元本を返しきることが重要になってきます。

元本を一日も早く返しきるためにも、「少しでもいいから多くの返済をしていく」ということを心がけましょう。

それでも借金を減らすことができない場合は

これで借金の返済をすることができないという場合は、「収入より支出の方が大きくなってしまっている」ということです。

もし、収入がある程度ある人であればそのバランスを計算し直すことで借金返済をすることが可能ですが、もともとの収入が少なくて借金返済ができない場合は専門家の力が必要になってきます。

弁護士をはじめとする専門家に会い、一日も早く借金返済ができるようなアドバイスを受けましょう。

「借金は、待っていても一円も減らない」ということ、これは確実です。

それどころか、払わない間にどんどん膨れ上がっていってしまいますので「一日も早く返済のための手を打つ」ということは大切なことです。

 

借金・債務の基礎知識 多重債務に陥らないため

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る