借金を返済するために、自分自身でやっておきたいこと

借金返済するための7つのコツ

借金を返済するために、自分自身でやっておきたいこと

読了までの目安時間:約 5分

 


借金を返済するために、自分自身でやっておきたいこと

借金を抱えてしまって「もう返済することが難しい」となってしまったときに、自分でやっておきたいことがあります。

専門家に相談する前に、自分でやっておいた方がいいことをまとめてみました。

自分がどこからいくら借りているのか、把握していますか?

管理者

今は「総量規制」というシステムが導入されていますので、あちこちからお金を借りて借金が膨らんでしまうということはなかなかないようです。

それでも、「限度額いっぱい借りてしまえば、返すことが難しくなる」というのは同じです。

年収が高くても、他のところでお金をたくさん使っていれば返済に回すことができるお金の工面は大変ですよね。

そう考えれば、今の時代でも「お金を返せなくて悩む人が出てくる」という可能性は十分に考えられます。

どこから借りているか、把握していますか?

お金をどこから借りているか把握していますか?

何社かにわたって借りている人は、「自分はどこからお金を借りているのか」をリストにしましょう。

複数にわたってお金を借りていると、借りているところが把握できなくなることもあります。

まずはそれを整理するためにも、自分で書きだしてみることです。

どこからいくら借りているのかを見ましょう

どこからいくら借りているのかをチェックすることも大切です。

借金の怖さは、ちょっとのお金を少しずつ借りているうちに大きな金額に膨らんでしまっている可能性があること。

借金をする人の多くは、最初から返しきれないほどの大きなお金を借りているわけではありません。

お金を少しずつ借りているうちに、返しきれないところまで借金が膨らんでしまっていたということがいちばん多いのです。

このため、借金の総額がわからなくなってしまっていることも少なくありません。

だからこそ、「どこからどのくらい借りているのか」を一度整理しましょう。

まずは、借金全体の総額と内訳をきちんと把握することが大切です。

お金を返すためにはどうしたらいい?

困り

お金を返すためにはいろんな方法がありますが、「頑張ったら返すことができる」という程度の借金なら、返済計画を立てましょう。

売れるものは売ってお金に変えて、少しでも早く借金を返すことができるように努力することです。

また、お金の使い方を見直す必要もあります。

そこまで借金が膨らんでしまったということは、「何かしらお金の使い方を間違ってしまっている」ということが考えられますので、収入と支出のバランスを見直します。

この機会に、余計な買い物を見直したり、いらない契約は切りましょう。

そして、生活費に余裕が出てくるようなら返済に回します。

自分で何とかできる程度の借金であれば、まだなんとかなります。

気づいた時から、借金返済にむけて計画を立てていきましょう。

どうしても駄目なときは、専門家に相談しましょう

管理者

借金というのは、黙って放っておいても減ることはありません。

むしろ、放置している間にどんどん増えてしまうのが借金です。

考えることと行動を後回しにしているうちに、借金はどんどん膨らんで返しきれないほどになってしまうかもしれません。

「どうやっても、自分ではどうにもできない」「借金を見直したけれど、これ以上は返済できない」と思ったら、一刻も早く専門家に相談しましょう。

相談は速ければ早いほど、解決の糸口をつかみやすいです。

今は、法律事務所にいかなくてもインターネットで無料相談を受けてくれるところもでてきました。

相談しにくい場合は、こういった事務所に相談してみるところから始めてみてはいかがでしょう。

インターネットの匿名無料相談から、法律事務所を紹介してもらえるようなシステムもあります。

まずはどんなことでもいいから一歩を踏み出すこと!これが大切です。

 

借金・債務の基礎知識 自己破産をしないために

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る