借金をする人の思い【どうする・どうしよう・どうにかしたい】

借金返済するための7つのコツ

借金をする人の思い【どうする・どうしよう・どうにかしたい】

読了までの目安時間:約 4分

 


借金をする人の思い【どうする・どうしよう・どうにかしたい】

色々なところからお金を借り、返しきれずに追い込まれているのにも関わらず、その悩みを誰にも言うことができない…

借金を抱えている人の多くが、孤独にさいなまれていることを知っていますか?

借金を抱えてしまったことを誰にも言えず、孤独にさいなまれる人のことを知ってください。

お金の話をすると、友達が離れていく

実際に闇金にお金を借り、自己破産をした人も、その悩みをなかなか友達に言うことはできなかったと言います。

なぜなら、お金の話をすると相手が逃げて行ってしまうから…。

借金で困っているという相談をしたとしても、友達からお金を借りようとする人というのはごく少数でしょう。

しかし、相手はお金の話をされると「貸すと言ってほしいのか」「あてにされているのではないか」と感じてしまうようで、少しずつ距離をおいていってしまうことも…。

そういうことがあると、もう次からは相談してはいけないと考えてしまいますよね。

ただ、これは距離を置く側の気持ちもわからないではありません。

実際、借金があるからと言って親族や友人のお金をあてにする人はいて、その関連で事件も起きてしまっています。

それを考えると、距離を置く側の気持ちも無視できません。お金の問題というのは本当にデリケートだということが分かりますね。

「自分を見る目が変わるのではないか」という不安

借金をしている人の中には、誰もがうらやむような地位や学歴を持っている人もいます。

そういう人がどうして借金をしてしまうのか?と思うかも知れませんが、それが借金の怖さ。

ふとしたきっかけから借金をはじめ、気が付いたら返すことができない金額まで膨れ上がっていた…ということは少なくありません。

しかし、周りから見ればその人は「学歴もあり、地位もある立派な人」なわけです。

そういう人が「実は借金がある」と言い出すと、周りが自分を見る目が変わってしまうのでは…という不安があり、言い出せないということがあるようです。

そして、誰にも言えずに一人でなんとかしようとしているうちに、借金がどんどん膨らんでしまっているというケースですね。

口に出さないだけで、借金がある人というのは少なくありません。

そして、人知れず悩んでいる人というのも必ずいます。

今は、相談できるところが増えてきています

このように、借金に悩んでいる人を少しでも救済するために、今は借金について相談することができる場所も増えてきました。

インターネットを見ても、自分の個人情報を明かすことなく借金の相談をすることができるようなサイトも増えており、気軽に相談をすることができるようになっています。

もちろん、そこから借金解決のための相談をすることもできます。

借金の問題は、放置していて解決できるものではありません。

だからこそ、きちんとした知識を持っている人に話を聞いてもらい、借金問題を解決するにはどうしたらいいのかを考える必要があるのです。

借金返済は周りの人のアドバイスが必要

借金をしている人の中には、借金返済のために相談できるところを知らないという人もいます。

借金解決はしたいけれど、その方法を知らないために困っているという人もいますので、もしそういった人が居たら「どこに相談すれば借金問題が解決できるのか」を一緒に考えてあげてください。

インターネットを使える人なら、借金問題に強い弁護士やサイトを見つけることもできるでしょう。そういったところを探して、すすめてあげてください。

そこから、借金解決の糸口をつかむことができるかもしれません。

お金を出すのではなく、一緒にその人のことを考えてあげることができれば一番いいですよね。

 

借金・債務の基礎知識

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る