保証人になるときは慎重に慎重を重ねること

借金返済するための7つのコツ

保証人になるときは慎重に慎重を重ねること

読了までの目安時間:約 3分

 


保証人になるときは慎重に慎重を重ねること

保証人とは、いまさら説明の必要がないかも知れないのです。

しかし債務者がお金を返せなくなったとき、法律上、債務者の代わりに返済する義務を負う人のことを言うのです。

債務者の支払が滞ると・・

保証人の場合、債権者は、債務者の支払が滞ると、まず債務者に請求する必要があるのです。

その手順を踏まずに請求されたときは、保証人は先に債務者本人に請求して下さいと言うことができるようですので、債務者が返済しない場合だけ代わって支払いをするようです。

あなたが、保証人になることを了承すれば、債務者が夜逃げをしたり、支払えなくなった場合には、代わって支払いをする義務が生じるようです。

たとえあなたが、保証人の法律的意味を知らずに了承したとしてもその義務から逃れることはできないのです。

支払請求することができる

連帯保証人の場合、債権者は債務者の支払能力にかかわらず、連帯保証人に支払請求することができるようです。

つまり、連帯保証人は保証人と異なっていて、債務者と同等の責任を負うことになるようです。

金銭の貸し借りの場合は連帯保証人は、いわば自分がお金を借りるのと同じであるということを覚えておくようにしましょう。

特にお金を借りる人の保証人になるということは、同時にその人とほぼ同様の立場になるということとなっているのです。

保証人は予測不可能な大きなリスクを、将来にわたって背負わされるようです。

保証人になってほしい

保証人をめぐるトラブルは名前を貸しただけなのにでは済まない大きな問題になることがあるようです。

保証人になってほしいと頼まれたら、どのような内容の契約なのかをきちんと確認するようにして、慎重に署名・押印をするようにしてください。

債権者からすれば、債務者が返済できなくなったときに弁済してくれる保証人を立ててもらうことで、リスクを軽減しようとしているようです。

保証とは、もちろんご存知のことと思うのですが、 債務者本人がその債務を履行しないときに本人に代わってそれを履行することを約束する一種の契約となっているのです。

そのため、お金を貸した人から債権を回収できないと判断すれば、債権者は、当然保証人に債務の支払いを執拗に求めてくるようです。

保証には、保証人と連帯保証人があるのです。

保証人は債務者が借金を返済できなくなったときだけ支払うもので、保証人の責任は二次的なものなのです。

債権者は、まず、債務者に請求し、支払わないときに、はじめて保証人に請求できるわけなのです。

 

自己破産をしないために

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る