会社が倒産をした人はどうなるのか?

借金返済するための7つのコツ

会社が倒産をした人はどうなるのか?

読了までの目安時間:約 3分

 


会社が倒産をした人はどうなるのか?

会社の倒産は、法的な問題ではなく会社が立ち行かなくなった状態です。

実際に民事再生を申し立てて会社の債権者に返済をすることを考える。

会社倒産という話

それから自己破産申し立てて会社をたたむのか等、清算の方法をまずこれから決めなければならないのです。

自己破産や経営破綻による会社倒産という話は最近は特によく聞くのですが、負債金額を返金しなくてもいいというのは法律で定められていることであって、弱者を守るということなのです。

倒産は会社が立ち行かなくなった当為状態を指す一般的用語となっているのです。

自己破産や破産と言うのは法的な手続用語なのです。

法人債務は?

法的には中小企業の社長でも株式会社や有限会社なら出資金の範囲及び取締役員としての責任の範囲のみでの賠償しか負わないはずなのです。

しかし現実的には債務のほとんどを社長等が法人債務を個人で連帯保証しているのです。

もし、会社自体の資産では債権者に返済ができなくなり、経営者が会社の債務の保証人や連帯保証人になっている場合には、会社の債務整理と同時に経営者個人の債務整理もしなければならないと考えられるようです。

主人の連帯保証人になっていなければ、関係はないようです。

口座が差し押さえなんてあり得ないのです。

離婚すればそれまでなのです。自己破産なんてよくあるのです。

その結果、あなたが会社を首になることはないようです。

法人が倒産した場合

倒産は、法人が資金繰りが立ち行かなくなって、通常に事業ができなくなった状態のことをいうのです。

法人が倒産した場合は、法人を残すか法人格をなくするかの判断をしなければならないのです。

その際に事業を続ける意志がない場合は清算という手続きをとるのです。

もちろん、会社の債務を個人資産で支払えるのであれば、経営者個人の債務整理をする必要はないようですが、そういった例は珍しいでしょう。社会生活上は銀行取引ができないくらいなのです。

一方、個人で借金が返せなくなった場合で債権者から追及されずに処理するためには、倒産といったワンクッションをおかず、即法的な手続きとして、自己破産あるいは個人再生等の手続きをとることになっているのです。

 

借金はどのような人がするか

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る