債務整理と債務整理に関する相談窓口

借金返済するための7つのコツ

債務整理と債務整理に関する相談窓口

読了までの目安時間:約 3分

 


債務整理と債務整理に関する相談窓口

消費者金融の"多重債務"というのは自力での返済が不可能になって数箇所から同時に借金をするという悪循環に陥ってしまっている状態です。

この段階では自力で借金を返済することはかなり難しく、かといって個人的に消費者金融業者に交渉しても減額したりゼロにしてもらえることはまずないでしょう。

早めに専門家に相談して法的に効力をもつ手段での対策を講じる必要があります。

「家族や他人に迷惑をかけたくない」と思う気持ちも大切ですが、現状を隠しておくことによってより迷惑をかける結果になることもあるので、この段階では1人でどうにかしようという気持ちは捨てることが大切です。

債務整理に関する相談にのってくれる窓口としては、1つ目に"弁護士会"が挙げられます。

これは各都道府県に1つずつあって、弁護士の仕事をするためには必ず入会しなければならないもので、その都道府県に事務所のある弁護士によって構成されています。

そして自治体と提携した法律相談を行なったり、法律相談センターを設けたりして私たちが気軽に相談できる場を提供してくれています。

債務整理の相談にのってくれる窓口の2つ目"司法書士会"では、認定司法書士が裁判手続きや登記手続きだけでなく多重債務問題の無料相談会などにも応じてくれます。

司法書士も弁護士が"弁護士会"に入会しなければ活動できないのと同様に、都道府県ごとの組織である"司法書士会"に入会して初めて業務を行なうことができますが、彼らは個々の業務以外にも市民のために組織をあげて一丸となって多重債務問題に取り組んでいます。

債務整理の相談にのってくれる窓口の2つ目、"日本司法支援センター"は"法テラス"とも呼ばれ国民のニーズに応えて法的情報を提供するために"総合法律支援法"に基づいて設立されました。

これまでは私たちにとって弁護士や裁判などというのは、遠い手の届かないところにあるようなイメージがありましたが、このような無料で情報を提供してくれる機関が増えることによって法に関する国民の関心も徐々に高まってきているようです。

これらの機関では、多重債務者に対しては基本的に借金の減額を行なって返済が少しでも楽になるような指導が行なわれています。

 

多重債務に陥らないため 消費者金融を知っておこう 自己破産をしないために

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る