自己破産と言うものをきちんと理解をしよう

借金返済するための7つのコツ

自己破産と言うものをきちんと理解をしよう

読了までの目安時間:約 3分

 


自己破産と言うものをきちんと理解をしよう

自己破産は借金超過で苦しんでいる人を救済し、再び立ち直るチャンスを与えるために国が作った制度となっているのです。

ですから、一般の方が考えているほどの不利益があるわけではありません。

本当の自己破産の姿

免責さえ受けてしまえば今後の生活において支障があるとすれば7年程度の間はローンやクレジットの利用ができなくなるということだけとなっているようです。

債務整理の中で、自己破産というのは、もっとも知られている手続きの一つとなっているのです。

しかし、多くの誤解やマイナスイメージだけが先行して、本当の自己破産の姿を知らない人が多いのではないかと思います。

自己破産申立てをして、価値ある財産を処分して債務整理することで今ある借金を全てゼロにするのです。

全額生活費に充当

自己破産申立以降の収入は返済に充てることなく全額生活費に充当できることで個人の生活を護ることができるのです。

個人情報を遵守する法律ですから世間に知れることもないようです。

戸籍に載ることもないようですし、今後の就職に支障をきたすこともないようです。

司法書士、弁護士に依頼をして手続きをすれば家族を含め友人や同僚などに知られることもないようですし、取り立ての電話や各債権者への返済もストップされるようです。

企業は景気回復してきたとは言え、個人レベルで考えると、給料は減らされ、多くの人が職を失い、また雇用されても正社員ではなく、いつクビになるか分からない契約社員やパートという状況。

若者も働く意欲を失っている者も増えてきているようです。

新破産法の施行

また、平成17年1月1日施行の新破産法によって、ある程度の財産を残すことができるようになったなど、自己破産 制度は今まで以上に利用しやすくなっているようです。

キャッシング業界も29.2%も利息を取っていたのが、法律改正により20.0%に引き下げられることを受けて、今から貸し渋りを始めているようです。

自転車操業をしていた人には、新たに借入ができなくなるという状況になってはずなのです。

自己破産をすると,官報という国が発行している新聞のようなものに氏名・住所が記載されるようです。

 

自己破産とは

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る