自己破産などについて法律家に相談してみる

借金返済するための7つのコツ

自己破産などについて法律家に相談してみる

読了までの目安時間:約 3分

 


自己破産などについて法律家に相談してみる

家族の進学や就職、結婚などにも影響を及ぼさないようです。

しかし自己破産で債務整理を行う場合は、原則的に一定以上の価値がある財産は処分されてしまうようですので、その点の影響は考えておくべきなのです。

破産管財人事件

自己破産を申し立てる時点で不動産を所有している場合は原則として破産管財人事件になります。

裁判所から選ばれた管財人によって処分換金され、各債権者に分配されるようです。

財産が無い為に破産宣告するのですから、所有している財産について債権者に分配されるのは当然と言えば当然なのです。

債務整理方法

弁護士や相談員などは、債務者の話とそういった資料を考慮して最も適している債務整理方法を考えてくれるのです。

いずれの窓口で債務整理の相談を行う場合でも、時間が限れれているわけですから、以下のような資料を用意しながら相談すべきポイントをまとめておくようにしてください。

破産管財人事件になると、裁判所へ納付する予納金が50万円程掛かり、専門家に対する報酬等の手続き費用も高額になるようです。

相談する窓口がどこであれ、有料であれ無料であれ、自分の状況を説明するのは相当時間を要する事なのです。

30分などという時間はあっという間に過ぎてしまうようです。

また、資料を揃えたりしておく事で相談を受けてくれる方の理解も深まり、それだけ適切なアドバイスをしてもらえるようです。

刑事責任を問われる可能性

尚、不動産の名義を変更し、申立人が不動産を所有していない事にして申し立てをした場合、免責不許可事由に該当するだけでなく詐欺行為として刑事責任を問われる可能性もあるので絶対に止めるようにしましょう。

債務整理を依頼するにあたり考えられるのは、弁護士と司法書士、行政書士の3つの職業なのですが、弁護士以外は一部行える業務に制限があるようです。

住宅ローンを返済しながら借金を整理したい場合、民事再生を検討する事となるようです。

弁護士、司法書士、行政書士に関わらず債務整理の相談は可能ですから、まず、相談してみるか無料の相談を受け、その時に費用の相談をしてみるとよいと思います。

 

自己破産をする場合

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る