弁護士選びは慎重にするとよいだろう

借金返済するための7つのコツ

弁護士選びは慎重にするとよいだろう

読了までの目安時間:約 3分

 


弁護士選びは慎重にするとよいだろう

自己破産は、労力のわりに稼ぎが少ないようですので、自分に依頼が来ないように、そのような発言をしたようです。

弁護士に依頼

きちんとした弁護士に依頼したほうがいいと思います。

個人での自己破産は絶対にお勧め出来ないのです。

ほかの道はだめなのでしょうか?特定調停のほかにも任意整理、個人再生などもあるようです。

無料の法律相談ならそんなものなのです。日本の法律は、自分の事は自分で出来るようです。

自己破産で検索すればいっぱいあるようです。

破産申請書

弁護士さんのサイトには、破産申請書等もあるようです。

いろんなサイトで勉強して、何度でも裁判所に足を運べば教えてもらえるのです。

確かに弁護士がつかないと、電話をかけてきたりされるようですが、申請書が受理されて、裁判所から通知が送付されたら、請求行為は違法行為になります。

弁護士の言ってることは正しいことだし、それをきついなんて、考え方がおかしいと思うのです。

弁護士の回答の仕方からすると、誰かの保証人の代弁請求にあっての自己破産申請ではないようです。

こちらでアドバイスを求めなくても回答をもらっているではないですか?

すぐに自己破産したい

すぐに自己破産したいなら、保険を解約して弁護士事務所へ行けばすむはずなのです。

ただ2人分の数十万の弁護士手数料をはらえないのなら自分で手続きをするだけなのです。特定調停を自分で無理と判断しているようです。

HPでいろいろ調べているならわかっているはずなのです。

自分の責任で借金をしたので自分で責任をもって処理をするという基本的な姿勢がうかがえるようです。

自己破産は自分でしてもまったく問題がないのです。なんと言っても業者と直接話し合う必要がないのです。

もちろん弁護士さんに頼んでもかまわないと思うのです。

彼らはそれが仕事なのですから、悪い弁護士さんだとあとからあとから追加料金を請求してきるようです。

さらには破産が終わったあとにも謝礼をよこせといってくるところもあるようですので必ず全部でいくらかかかるかを確認することが大事と思うのです。

最近は司法書士さんも喜んでしてくれるようです。

費用も200,000~くらいのところもあるようです。

自己破産を自分で一つずつこなしていく、そこで苦労していくというのは今後二度と同じ過ちをしないためにはぜひとも経験すべきことなのです。

これは多くの破産者が言っていることなのです。

 

自己破産をする場合

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る