消費者金融利用者とは

借金返済するための7つのツボ

消費者金融利用者の動向は?

読了までの目安時間:約 3分

 


消費者金融利用者の動向は?

スポンサードリンク

最近では女性専門の消費者金融も増えてきているます。

そのようなところでは、通常すべて女性が応対するなどの力の入れようですから、この構成比も、今後は女性の割合が増えていくのかもしれないと思います。

日本の金融機関

失業率、倒産件数、離婚率ともに2003年以降減少傾向にあり、加えて2004年の自己破産申立件数も減少に転じているようです。

日本の金融機関は、公的金融機関と民間金融機関とに大別することができるようです。

一方年齢に関しては、もともと消費者金融業界自体が20~30歳代をターゲットに広告活動などをしていることなどの影響もあり、やはりこの年齢層が60~70%を占めているのです。

民間金融機関は、預金を取り扱う銀行と預金を取り扱わないノンバンクの2つに分けることができるようです。

といっても、40、50、60歳代のそれぞれの年代でもそれなりに利用者はいるようですので、どの年代にも必要とされている業界なのかもしれないと思います。

ノンバンクとは

ノンバンクとは、預金等を受け入れずに個人や法人に対する融資業務を行う機関で、消費者向無担保ローン会社・信販会社・クレジットカ-ド会社やリース会社など多くの業種があるようです。

クレジットカードのキャッシングの場合は、基本は翌月一括返済なので利息がかなりかかってしまうためなのです。

消費者信用産業は、消費者が商品やサービスを購入する際に代金の立て替え払いを行う販売信用と資金融資を直接行う消費者金融の2つに分かれているます。

どちらも個人の信用に対して与信枠を設定する点については同じなのです。

消費者ローン

消費者金融のキャッシングの場合なら随時返済ができるようですので、その日に返済すれば利息はゼロということもありうるわけなのです。

消費者金融には、民間金融機関や郵便局で扱う預貯金や動産を担保とする金銭の貸付も含まれるのですが、これらを除いたものを消費者ローンというのです。

失業により収入を失うことは、ローン・クレジットを利用している一般消費者にとって、計画的な利用の前提を失うことであり、失業率の増加は自己破産申立件数の増加に影響を与えているものと推察されるのです。

もう無理、ダメと言う状況ならすぐに法律事務所だが・・・

管理人

まだそこまで行っていない・・・しかしけっこうヤバイかもしれない。そう思っているなら、当サイト1位「街角相談所」無料サービスはかなり役立つだろう。

>>借金減額の診断はこちら(無料借金減額シミュレーター)

あなたの現状の借入件数、そして総額などを入れるだけですぐわかる。

さらに匿名OKなので、かなり気は楽だ。

当サイト借金相談おすすめサイト:ベスト3

管理者

借金って・・・最初は痛みを伴わない。それよか最初は「このくらい大丈夫・・・」と、借りてしまう。

そして、そろそろマズイかもと思っても借りてしまう。ヤバイと思った時には、かなり重症。追い詰められているはずだ。私みたいに7桁超えていたら、絶対に、すぐに、相談した方がいいよ。

ちなみに私は街角相談所」の無料相談でまずは相談をしました。

街角相談所
街角相談所

オンラインで簡単「減額診断」は毎月3000人が利用をしています。

借金の返済が苦しくなってきた。借金0円も夢じゃない。債務整理の匿名無料相談で毎月たくさんの方々匿名無料診断をしています。

弁護士法人サルート
弁護士法人サルート

借金はもうたくさん!返済中心の生活から脱出をしませんか?

相談料は無料。費用は分割可能。至急対応可能です。借金はもうたくさん。やり直したいと思っているあなたはすぐにご相談です!

ヤミ金レスキュー
ヤミ金レスキュー

女性からの相談のみに限定をして、お悩みを即日に解決します!

ヤミ金問題を抱えている女性が多いにもかかわらず、女性専門ヤミ金窓口は少ないのが実情。近年増加する女性ヤミ金問題はこちら!


 

借金はどのような人がするか

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る