消費者金融利用者とは

借金返済するための7つのコツ

消費者金融利用者の動向は?

読了までの目安時間:約 3分

 


消費者金融利用者の動向は?

最近では女性専門の消費者金融も増えてきているます。

そのようなところでは、通常すべて女性が応対するなどの力の入れようですから、この構成比も、今後は女性の割合が増えていくのかもしれないと思います。

日本の金融機関

失業率、倒産件数、離婚率ともに2003年以降減少傾向にあり、加えて2004年の自己破産申立件数も減少に転じているようです。

日本の金融機関は、公的金融機関と民間金融機関とに大別することができるようです。

一方年齢に関しては、もともと消費者金融業界自体が20~30歳代をターゲットに広告活動などをしていることなどの影響もあり、やはりこの年齢層が60~70%を占めているのです。

民間金融機関は、預金を取り扱う銀行と預金を取り扱わないノンバンクの2つに分けることができるようです。

といっても、40、50、60歳代のそれぞれの年代でもそれなりに利用者はいるようですので、どの年代にも必要とされている業界なのかもしれないと思います。

ノンバンクとは

ノンバンクとは、預金等を受け入れずに個人や法人に対する融資業務を行う機関で、消費者向無担保ローン会社・信販会社・クレジットカ-ド会社やリース会社など多くの業種があるようです。

クレジットカードのキャッシングの場合は、基本は翌月一括返済なので利息がかなりかかってしまうためなのです。

消費者信用産業は、消費者が商品やサービスを購入する際に代金の立て替え払いを行う販売信用と資金融資を直接行う消費者金融の2つに分かれているます。

どちらも個人の信用に対して与信枠を設定する点については同じなのです。

消費者ローン

消費者金融のキャッシングの場合なら随時返済ができるようですので、その日に返済すれば利息はゼロということもありうるわけなのです。

消費者金融には、民間金融機関や郵便局で扱う預貯金や動産を担保とする金銭の貸付も含まれるのですが、これらを除いたものを消費者ローンというのです。

失業により収入を失うことは、ローン・クレジットを利用している一般消費者にとって、計画的な利用の前提を失うことであり、失業率の増加は自己破産申立件数の増加に影響を与えているものと推察されるのです。

 

借金はどのような人がするか

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る