借金は複数業者からは借りない

借金返済するための7つのコツ

借金は複数業者からは借りない

読了までの目安時間:約 3分

 


借金は複数業者からは借りない

個人で金融会社と相談して一本化するには、そうとうな知識が必要になっているようです。

一本化を薦めてきて、悪徳弁護士に多額の請求をされる等、被害もあるのです。

年収の10%程

審査の結果によってくるようですが、基本的には50万円、または年収の10%程とされているようです。

キャッシングは何度利用しても毎月キチンと返済することにより信用力がアップするのですが返済が滞っては、この限りではありません。

自己破産をする時には全財産を没収されるなどと誤解も多いようですが、生活に必要なものはそのまま手元に残しておくことができるようですが、そこに甘えることはできません。責任を果たす必要ももちろんあります。

利息制限法

特定調停は弁護士などに頼まずとも近くの簡易裁判所にて手続き可能となっているますが、普通の人には非常にハードルは高いと思って間違いはないでしょう。

消費者金融の金利を過去にさかのぼって利息制限法に計算します。その計算により、場合によっては払いすぎた分を請求できることがあります。まれにですが。

各社が借り入れ状況を加味して審査を行うのですが、審査の結果によっては借りることが出来る可能性があるのです。

一概には言えませんが、1つの会社から借りているからといって、もう借りられないということはないのです。

また自己破産をする場合、お金になるものなど、持っている財産を 処分すれば良いとのことです。ちなみに生活に必要なものというのは物に限らないのです。

ある程度のお金だって手元に残せるのですから、破産後の生活だって安心して過ごす事ができるのです。

借金が雪だるま式

金利には高い・低いはありますが借りた以上のお金を返済しなければならないことは事実なのです。

簡単に借りすぎて知らない間に借金が雪だるま式に増えてしまうケースも少なくはないのです。

また自己破産の手続きを開始した段階で債権者は、あなたへの取り立てができなくなるようです。

借り入れ件数や借り入れ金額が多くなると、それに応じて審査状況も厳しくなるのです。

返済の明細などが送られれば、そこに金利などが書いてあると思うのです。

もしないのなら、各社に返済方法を見直したいといえば、現状での完済予定や金利などを教えてくれると思うのです。

 

自己破産をしないために

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る