「自己破産」は誰でもできるわけじゃない事を知っておこう

借金返済するための7つのコツ

「自己破産」は誰でもできるわけじゃない事を知っておこう

読了までの目安時間:約 4分

 


「自己破産」は誰でもできるわけじゃない事を知っておこう

借金が大きく膨れ上がり、「もうどうしてもどうやっても返すことができない」となったとき、最終的に選択できるのが「自己破産」という制度です。

自己破産をすれば今まで借りた借金がゼロになりますので、人生の再スタートをすることができるようになります。

でも、自己破産は誰でもできるわけではない

とはいえ、自己破産というのは誰もができるものではありません。

裁判所に申請を行い、精査されたうえで「このひとは本当に返済する能力がない」と認められた場合にのみ行うことが可能になるものです。

それも、自己破産が認められるには一定の条件があるため、その条件を満たしていない場合は自己破産をすることができなくなります。

どうして自己破産できないケースがあるのか?それは、「借りるだけ借りておきながら、ズルいことをして借金から逃れようとする輩」がいるため。

お金を借りて、返すことができないというのは大変なことです。

貸してくれた側の信用を失ことになる行為です。

にもかかわらず、責任逃れから逃げようとするケースを裁判所は許しません。

財産の状況について、裁判所に嘘の報告をした

自己破産をする場合は、裁判所に「今の財産はこのくらいです」と申請を行わなければなりません。

これはぜったいに嘘をついてはダメ。

自分の財産の状況がどのくらいなのかを、正直に裁判所に言う必要があります。

でも、財産をできるだけ失いたくない!という人が、自分が持っている車を家族の誰かの名義にするなどして処分を免れようとするケースがあります。

これは許されない行為です。

借金を返すことができなくなったことで、少なからず迷惑がかかった相手がいるのに、嘘をついて自分の財産を残したい!と考える様な人に自己破産をする権利はありません。

返済できないのに借金を増やした、など

「もう絶対に借金返済はできない」と解っていながら、さらにお金を借りたケースでも自己破産をすることはできません。

返せないのが解っていてお金を借りるというのは、やはりよくないことですよね。

借りるからには返す前提でいなければならないのに、「返すことができない」という全体で借りるのは、相手をだましたということになるのではないでしょうか?

他にも、7年以内に自己破産をした場合でも自己破産は認められませんし、たくさんのところから借りているのに特定の人にだけ返したというケースでも自己破産は認められません。

このように、仮に「返済能力がない」ということが認められた場合でも、「自己破産をすることはできない」とされてしまうケースがありますので、注意が必要です。

ギャンブルや買い物での自己破産、実は認められません

実は、ギャンブルや買い物での自己破産も認められていません。

ギャンブルも買い物も「遊ぶためのお金」ですので、それで借金の免責は認められないということでしょう。

しかし、現実的にはギャンブルや買い物で借金を作ってしまった人は本当に多いですよね。

調べてみると、ギャンブルや買い物でも自己破産が認められたというケースがあるようです。

とはいえ、基本的には認められていないことですから、このようなケースで自己破産を認めてもらうには知識を持った専門家と真摯に話し合い、お願いをすることが大切です。

もし、ギャンブルや買い物で借金を作ってしまった人がいたら、まずは知識を持った専門家に相談しましょう。

まとめ

仮に自己破産が無理だったとしても、「どうやったらその人がお金を返すことができるのか」を一緒に考えてくれますので、「借金の整理をしたい」という場合でも一度相談をしてみることをお勧めします。

自己破産は、しなくて済むのであればその方がいいです。

自分に合った借金返済ができる方法を模索していきましょう。

 

自己破産とは 自己破産をする場合

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る