行き着くところは・・闇金融利用者になってしまうのか

借金返済するための7つのコツ

行き着くところは・・闇金融利用者になってしまうのか

読了までの目安時間:約 3分

 


行き着くところは・・闇金融利用者になってしまうのか

一時期は、毎日の様に闇金と騒ぎ、お陰でその時の印象は色濃く視聴者の頭に闇は、焼きついてることなのです。

融資では、普通な反面、脅迫電話が凄いなどテレビで面白おかしい放映が記憶に新しいようです。

登録を行っていない貸金業者

闇金融とは、国や都道府県に貸金業としての登録を行っていない貸金業者、業務を指しているのです。

さらに、貸金業の登録を行っていても、違法な高金利を取る業者、業務も闇金に含まれるのです。

闇金は、まだ騒がれておらず、通常に貸出を行っている小規模の闇の金融集団が少しあるだけで闇金業者の数としては、まだまだ少なかった時代なのです。

闇金融同士で利用者のデーターを交換し合い、返済日の前日や当日に違う闇の業者から営業や貸出をし、自転車操業に落としいれ急成長を遂げているのです。

闇金業者には、沢山の組織が存在しており、売上げ競争が日々、繰り広げられていたのです。

この集団の中では、経費をかけないで自分の事しか考えない店長が沢山いたのです。

貸金業を営む場合は本来、必ず国や都道府県に貸金業としての登録が必要になっているのです。

闇金融にはこうした登録を行わず、出資法の制限を超える金利を課したり、人権を無視した取り立てを行う行為、又は、登録をしていても同様の犯罪を犯す業者がいるのです。

近年、消費者金融のイメージを今まで以上に悪くしたものに、ヤミ金融の存在があるようです。

多重債務者を増やす

ヤミ金融とは、法律で定められた以上の法外な金利で貸付を行う業者や、都道府県に無登録で金融業を営んでいる業者のことを指しているのです。

そんな店長は、延滞したら5万・10万、平気で延滞金として請求し次々と多重債務者を増やし被害者や多重債務者を増やしていったようです。

通常、闇金と言えば通常に貸出をし、その利息の利益で飯を食べるべき所、グループが大きくなり過ぎたために多重債務者が増大、社会問題となっているので、 その頃の闇金業者は手っ取り早さを求め、貸出をせずに保証金を振り込ませるなどから儲けを上げていたのです。

法律も関係はない

ヤミ金融の場合、このような法律も関係はないのです。

出資法の上限金利である29.2%の壁など、いとも簡単に超え、刑法上でも違反である29.2%以上の法外な金利を要求してくるようです。

その金利が数百%に及ぶことも少なくないようです。

多くの利用者は、お金に切羽詰った人達で、銀行はもちろんのこと、大手、中小の消費者金融でも借りられない人達なのです。

 

借金はどのような人がするか

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る