借金に抵抗がなくなる~借金が増えていくまでの道筋

借金返済するための7つのコツ

借金に抵抗がなくなる~借金が増えていくまでの道筋

読了までの目安時間:約 5分

 


借金に抵抗がなくなる~借金が増えていくまでの道筋

借金がないころは、多くの人が「消費者金融にだけは頼らないぞ」「クレジットカードは持っても、キャッシング枠は使わない!」と考えているはずなのです。

でも、なぜか一度借りてしまうとすぐに「いつの間にかいくつもの消費者金融からお金を借りてしまっていた…」「キャッシング枠を目いっぱい使いこんでしまった」という状態になっていることが多いです。

これってどうしてなのでしょうか?

ものすごく簡単に借りられる!これが問題

消費者金融にせよ、金融機関のキャッシング枠にせよ、使った人に共通しているのは「はじめは高くない額の金額を借りている」ということです。

生活費がちょっと足りないから、消費者金融から2万円を借りた。

出張先でお金が足りなくなったから、3万円を借りた。

こんな感じです。

2万や3万だと、次の月にちょっと節約すれば返すことができる金額ですよね。

だから、「このくらいなら借りても大丈夫だろう」という気持ちで借りたようです。

しかし、この「借りるとき」が問題でした。

ATMを操作して、まるで銀行に預けてある自分のお金を引き出すような感覚でお金を借りるので、多くの人が「お金を借りた」という感覚を持つことができていません。

これが、「自分のお金を引き出しているだけ」という錯覚を起こすことにつながり、借り過ぎてしまう人が多いのです。

一度借りると、抵抗がなくなるのも「キャッシング」

最初は抵抗があっても、いざ借りてみると「案外簡単に借りることができる」のがキャッシングです。

操作もお金の引き出し方も、自分のお金をATMから引き出すのと同じ感覚で行うことができるので、あまりの簡単さに「ハードルを越えた」という感覚に陥ることが多いのです。

一度は借金を真面目に返しても、そこで「借りても返せる」という自信がつき、頻繁に利用するようになってしまった人もいます。

こうして安易にキャッシングを利用していくうちに、どんどん借りる金額が大きくなっていってしまいます。

「欲しい服があるから、キャッシングでお金を借りよう」「旅行に行きたいから、お金を借りよう」キャッシングを始める前までは節約していたはず。

でも「キャッシングを使えばいいや」という甘い気持ちにが出てくるようになり、借りる額がどんどん膨らんでいきます。

これは、「いつの間にか借金が膨れ上がって大変なことになっていた」という人に共通してみられるケースです。

いきなり限度額が上ることがあるって知ってる??

何度かお金を借りて、それを真面目に返済しているとキャッシング枠の上限が上ることがあるそうです。

今まで10万円が上限だったけれど、借りても真面目に返済することが金融業者に伝わったので「限度額を引き上げますよ」ということです。

こうなると、10万円で済んでいた借金がさらに膨れ上がる可能性が出てきます。

そもそもその返していた借金も自転車操業で返していただけという人もいるのに、です。

これも恐ろしい心理で、「キャッシング枠が上る」ということは「借金ができる金額が上っただけ」なのに、なぜか「使えるお金が増えた=貯金が増えた」かのように錯覚してしまう人も多いのですね。

これが借金が膨らむ大きな原因です。

まとめ

借金が膨らんだら、とにかく「できるだけ早くに借金に強い弁護士・司法書士に相談する」ということが大切です。

気づいた時点で相談しましょう。

借金というのは「借りて増えるか」「返して減るか」の二通りしかないので、黙っていて減るということはぜったいにありません。

その間にも、利息が膨らんで返さなければならない金額がどんどん多くなっていきます。

あまりに借金が増えてしまうと、自己破産をするしかなくなってしまうこともあります。

そうなる前に、必ず専門家に相談をしましょう!

 

借金はどのような人がするか 自己破産をしないために

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る