借金の返済を滞らせる前にやるべきことを考える

借金返済するための7つのコツ

借金の返済を滞らせる前にやるべきことを考える

読了までの目安時間:約 3分

 


借金の返済を滞らせる前にやるべきことを考える

借金を借金で返す、これは非常に危険な自転車操業状態です。

それに、こうして消費者金融に借金があると、新たなローンを組みたくてもどこも相手にしてくれないようです。

何十年も返済

切羽詰まった人は、一本化で借金が減ったような錯覚がおこりますが結局は今まで返してきた金利を捨てて、また最初から金利を支払うことになるようです。

こうなると、この先また何十年も返済をし続けなければならないコトは百も承知。

そういう人に限って、金利がわからないといいだします。しかし、それは金融側に確認すればすぐにわかるですし、必ず確認をする必用があることです。

もしかなりの借金額があるのであれば、まずは、各社の借金額、そして金利をすべて書き出してみること、マジでおすすをします。

借金内容を把握

自分の借金内容を把握することで、どうしたら良いか気が付くはずだと思いますが、いかがでしょう。そこから逃げ回っていては始まりません。

こうしてネットも活用できるので、借金について色々調べてはどうでしょうか?まず、そもそも自分で借りている金融会社の金利がわからないとはどういうことでしょう?

そのような状態では、返済はおろか、破綻をきたすのは秒読みになってしまうでしょう。

多重債務になると考えることが、低金利一本化ですけど、銀行は審査が厳しいし、一本化できても、他から借りてほとんどが破綻してしまうのです。

絶対に手をだしてはいけない

闇金の一本化は絶対に手をだしてはいけないのです。当たり前ですが。

自力で返済できるならいいのですが、できないのであるなら債務整理するしかないと思うのです。

もし金にルーズだとしたら、借金を解決しても金のルーズさを解決しないことには、また金のトラブルを起こしてしまうし、先にいくほど苦しくなるようです。

一本化での名義なのですが もしも審査に通る脈があるのなら金融機関が指示・アドバスしてくれるようですので これはご自身が判断できる部分では無いと思うのです。

ただ 名義云々より そもそも まともなローン会社の 審査に通らない可能性の方が高いと思うのです。

返済の明細などが送られれば、そこに金利など詳細が記載をされています。まずは書類チェックをしてみるのは良いこと。

もしないのなら、各社に返済方法を見直したいといえば、現状での完済予定や金利などを教えてくれるはずですので、まずは現状の把握を第一に考えましょう。

 

自己破産をしないために

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る