自己破産後の返済はどうするのか?

借金返済するための7つのコツ

自己破産後の返済はどうするのか?

読了までの目安時間:約 3分

 


自己破産後の返済はどうするのか?

自己破産という言葉は一度くらいは耳にしたことがあると思うのですが、一体どのような制度なのでしょうか。

実際は自己破産してしまったら、一般の人よりも社会生活の弊害が出てしまうかもしれなイメージがあるようですが、実は違うようです。

自己破産を依頼した後

放置してしまうと直ぐに判決をとられてしまうのです。

弁護士に自己破産を依頼した後は、絶対に、貸主に返済してはいけないのです。

一部の貸主だけをひいきして、その貸主にだけ返済してしまうと、免責が認められないおそれが生じてしまうのです。

たとえ、恩人からの借金であっても、弁護士に自己破産を依頼した後は、返済してはいけないのです。

こうなると給料を差し押さえられるなどのおそれが生じてしまうようです。

訴えられた場合には、弁護士に依頼するなどして、きちんと対処するようにしましょう。

生活を立て直すため

この自己破産制度とは再出発を目的としたものなのです。なので、普通の社会生活に自己破産制度による影響はないようです。

あくまでもこの制度を利用して多重債務を抱えてしまった人が生活を立て直すためのものとなっているようです。

裁判所に嘘をついたり、隠し事をしたりしないことなのです。

免責不許可事由にあたることをしてしまっていても、裁判所に対して正直でいれば、裁判所の裁量で免責されることも多いようです。

これに対して、裁判所に嘘をついたり、隠し事をしたりすると、免責されない可能性が高くなってしまうのです。

破産法

破産法は平成17年度に新破産法に改正され、以前よりももっと自己破産をしやすくなっているのが現在の状況である。

自己破産の申し立てをして破産宣告をうけるとすべての債務が免除されるようです。

これで債務の返済にあてることはないのです。

自分の得た収入を自分自身の生活に使うことができるようです。

多重債務者が人生をやりなおすきっかけを得られるわけなのです。こうすることによって新たな生活の一歩を踏み出すことができるようです。

申立てに必要な書類が集まらないと、自己破産の申立てをすることができないのです。

そして、申立てがなかなかできないと、サラ金から訴えを起こされる可能性が増えてしまうようです。

また、弁護士の依頼にもかかわらず、必要な書類の収集をしないと、弁護士は辞任せざるをえなくなるようです。

 

自己破産をしないために

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る