借りる前に消費者金融というものを理解する必要がある

借金返済するための7つのツボ

借りる前に消費者金融というものを理解する必要がある

読了までの目安時間:約 6分

 


借りる前に消費者金融というものを理解する必要がある

スポンサードリンク

現在の"消費者金融"は、かつては"サラ金"というとマイナスのイメージが強くて一般の私たちにとってはかなり敷居の高いものでした。

最近ではテ レビのコマーシャルでも爽やかで清楚なイメージの女性が登場してこれまでのイメージを払拭して、より身近に感じられるようになりました。

身近で手軽になった消費者金融

消費者金融がターゲットとしている世代は、主に"サラ金"が悪徳商法といわれて非難されていた時代を知らない20代の特に男性で、「きっとあなたの ためになります......」、「若い君たちの来店を待っているので気軽に来て!」などというコマーシャルの文句もしばしば、彼らの心を捉える効果の高い 言葉が使われています。

しかもその名前も新たに"消費者金融"というものに変わって、街のあちこちに無人の契約機が設置されその場で簡単に契約が完了して収入のない主婦や学生でも、免許証や保険証などの身分証明書があればATMで簡単にお金を借りることができるようになっています。

"多重債務"というのは、あるひとつの借金の返済に充てるためのお金を他複数の貸金業者から借りることを繰り返しているうちに、利息の支払いが増え 続けてにっちもさっちも行かなくなった状態を言います。

このような"いとも簡単にお金を借りることができるような環境"が背景にあることがその一因であ るとも言われています。

実際に5社以上の貸金業者から借金をしている"多重債務者"は、現在では200万人を超え、その平均借入額は230万とも言われており、全国的に増加の傾向にあります。

また借入れ理由の中でも"借金返済"という名目が最も多く全体の50%以上を占め、自己破産者も10年前の約4.5倍に膨れ上がっています。

主な原因としては、そのように無計画に自分の返済能力を超えた借金をして遊興費や商品購入費に充てていることだと言われています。

一方でリストラ や企業倒産などによる生活苦から消費者金融に手を出して返済ができなくなっているケースも多く、単なる個人の問題ではなくて社会問題化してきているのが現 状です。

幅の大きい金利を確認する

"消費者金融"と一口に言っても、8.7%程度から29.2%まで金利の低い業者と高い業者の間にはかなりの差があります。

数字を見ただけでは最初はピンと来ないかもしれませんが、この金利の差によって返済額の負担も大きく変わってくるので少しでも低い業者を選ぶことが大切です。

ただ"消費者金融"の数は現在1万社前後あり、顧客獲得競争も激しいことから一般に"ヤミ金融"と呼ばれる貸金業登録がなされていない業者が低い金 利を打ち出してきていることもあるので、金利の低さだけで飛びつくのではなくできるだけ経営の安定した業者を選ぶ必要があります。

そこで"消費者金融"には、専業の業者のほかにどのような種類のものがあるのかを見ておくことにしましょう。

消費者金融の種類をチェック

まず1つ目の"銀行系消費者金融"は2000年に入ってから銀行と大手消費者金融とが合併して設立されたもので、テレビのコマーシャルでも"銀行系○○"などと"銀行"という言葉が強調されていて消費者に安心感を与える効果も高いようです。

ここでは、与信審査はある程度厳しいようですが、グレーゾーン金利を撤廃して金利も専業の消費者金融よりさらに低くなっています。

けれどもその反面、カードローンでも最初の融資枠が30万円程度だったものが、返済をしていくうちにいつの間にか100万円程度に増えていくために、それに気を良くしてさらに借りて多重債務に陥ってしまうというようなケースもあると言われています。

2つ目の"信販系消費者金融"は信販会社と消費者金融とが合併したものです。

グレーゾーン金利を撤廃して上限金利を20%に引き下げることや、総借入 残高が年収の1/3を超える貸付を禁止することが盛り込まれた"改正貸金業法"の成立によって貸金業界の経営はさらに厳しくなったために、消費者金融に とっては同業者同士の合併よりも魅力があるようです。

金利は専業の消費者金融と銀行系の消費者金融の中間程度ですが、実際には専業の業者と大した違いはないようです。

3つ目の"外資系消費者金融"は、上限金利が下がって収益が激減したことやグレーゾーン金利に関する最高裁判所の判決によって、過去にさかのぼって利息を返還させられる可能性も出てきたことから相次いで日本市場から撤退する動きが出ています。

もう無理、ダメと言う状況ならすぐに法律事務所だが・・・

管理人

まだそこまで行っていない・・・しかしけっこうヤバイかもしれない。そう思っているなら、当サイト1位「街角相談所」無料サービスはかなり役立つだろう。

>>借金減額の診断はこちら(無料借金減額シミュレーター)

あなたの現状の借入件数、そして総額などを入れるだけですぐわかる。

さらに匿名OKなので、かなり気は楽だ。

当サイト借金相談おすすめサイト:ベスト3

管理者

借金って・・・最初は痛みを伴わない。それよか最初は「このくらい大丈夫・・・」と、借りてしまう。

そして、そろそろマズイかもと思っても借りてしまう。ヤバイと思った時には、かなり重症。追い詰められているはずだ。私みたいに7桁超えていたら、絶対に、すぐに、相談した方がいいよ。

ちなみに私は街角相談所」の無料相談でまずは相談をしました。

街角相談所
街角相談所

オンラインで簡単「減額診断」は毎月3000人が利用をしています。

借金の返済が苦しくなってきた。借金0円も夢じゃない。債務整理の匿名無料相談で毎月たくさんの方々匿名無料診断をしています。

弁護士法人サルート
弁護士法人サルート

借金はもうたくさん!返済中心の生活から脱出をしませんか?

相談料は無料。費用は分割可能。至急対応可能です。借金はもうたくさん。やり直したいと思っているあなたはすぐにご相談です!

ヤミ金レスキュー
ヤミ金レスキュー

女性からの相談のみに限定をして、お悩みを即日に解決します!

ヤミ金問題を抱えている女性が多いにもかかわらず、女性専門ヤミ金窓口は少ないのが実情。近年増加する女性ヤミ金問題はこちら!


 

消費者金融を知っておこう

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る