多重債務に関するいろいろな取り組み

借金返済するための7つのコツ

多重債務に関するいろいろな取り組み

読了までの目安時間:約 3分

 


多重債務に関するいろいろな取り組み

社会問題化しているこの"多重債務"に対して、国は平成18年12月に"多重債務者対策本部"を設置し、平成19年4月には"多重債務問題改善プログラム"を作成しています。

そして各都道府県ではこれを受けて"多重債務者協議委員会"を設置して、弁護士会や司法書士会といった専門家たちのグループと連携をとりながら解決に取り組んでいます。

現代社会の教科書

また、将来を見据えた活動としては、高校の現代社会の教科書においても"消費者金融"と"多重債務"の現状を載せているものがたくさんあります。

そこではまず"消費者金融"がかつての"サラ金"という悪いイメージを脱却して新規の顧客を獲得しようとした背景が説明されています。

コマーシャル活動の解禁をはじめ・・

具体的には、以前はテレビのコマーシャル活動が禁止されていたのが2001年に入ってから解禁になったことによって、庶民的なキャラクターの出演者 が起用されたり動物の愛くるしい動作が使われたりします。

若者の興味を引くようなダンスなどが使われたコマーシャルづくりが行われたり、ポケットティッシュが駅 前や繁華街で配布されたり、無人契約機が街のあちこちに設置されたりします。

また大手銀行も"消費者金融"の支援にまわり始めて、"消費者金融"の存在を世間一 般の人々により身近に感じさせる活動が行なわれてきたという内容となっています。

そしてそれが2005年以降のコマーシャルでは、「金利が出資法限度の29.2%近くで高いので気をつけて利用して欲しい」ということや、「将来の ことを考えて計画的に」などということを強調した内容です。

しかし、消費者金融側としても、これまでの「とにかく顧客を増やしたい」という方針から、「無計画で返済が 滞る客は避けたい」という方針へと変化しているます。

"まとめ屋"と呼ばれる人たちによって"多重債務者リスト"が売られて暴力団などへの上納システムの 末端として悪用されることもあるという内容も記載されて、社会に出る前の若者たちに"多重債務"の怖さを教えておこうとする取り組みがなされています。

 

多重債務に陥らないため

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る