「任意整理」ってなに?任意整理の方法・メリット・デメリット

借金返済するための7つのコツ

「任意整理」ってなに?任意整理の方法・メリット・デメリット

読了までの目安時間:約 5分

 


「任意整理」ってなに?任意整理の方法・メリット・デメリット

借金返済の方法のひとつとして、よく挙げられるのが「任意整理」です。

借金が膨れ上がってどうしようもなくなったときに良く使われる方法で、この任意整理で借金の整理をする人は非常に多くなっています。

そんな「任意整理」について解説しましょう。

任意整理ってどんなもの?

任意整理は、その言葉のまま「任意での借金整理」です。

管理者チェック

任意なので、裁判所などは通さずに利息を見直したり、毎月の支払いを減額して借金返済がしやすいようにしたり、「借金返済の方法を変えることで返済をしやすくする」というものです。

借金をしている人って、どこにどのくらいの借金があって、どこから返していけばいいか?が解らなくなってしまっていることがあります。

借金が膨らんで返しきれない人のほとんどは、色んな所からお金を借りていますからね。

任意整理では、専門の知識をもった人物(弁護士など)が状況を整理し、借金をきちんと返していくことができるように整えてくれます。

借金返済が滞ってしまった時に、一番よくとられる方法が「任意整理」です。

任意整理ってどうやるの?

任意整理は、司法書士もしくは弁護士がお金を貸した側と交渉して行います。

管理人びっくり

まず、借りている人の借金がいくらなのか?どこから借りているのか?を整理したうえで、金利がものすごく高いところから借りている場合は「利息制限法」に基づいて利息を減らすことはできないか?を考えていきます。

もし、利息を過剰に払っている場合には「過払い金」が戻ってきますので、それを残りの借金にあてることも可能です。

こうして利息の計算をしなおすことで、これから先払っていく借金の支払額を減らすことも可能になりますので、借金をした側の支払いは非常に楽になるでしょう。

もし両親をはじめとした親族からお金を借りることができる場合は、「一括払いで借金を返すので、少し減額ができないか」という交渉も行います。

とはいえ、一度借りたお金の返済額を減らすことができるかどうかは貸した側の考え方によって違ってきます。

いずれにせよ、借金返済をきちんとしていくことができるような手助けになるでしょう。

任意整理のメリットとは?

任意整理をすることで、利息が減ったり月々の返済額がへったりと借りた側の負担が軽減されます。

もし過払い金がある場合は過払い金を取り戻すことができますので、払いすぎた分を取り戻すことができるというのも十分なメリットになるでしょう。

過払い金は、多い場合だと100万円近い額が戻ってくることもあります(相当長く返済していたことが前提ですが)。

専門知識を持っていないと、過払い金があること自体に気づくことができませんので、それを取り戻すことができるだけでも大きいです。

また、任意整理では「この債権者から借りた借金だけでも整理したい」という時でも利用できます。

任意整理のデメリットとは?

考える管理者

任意整理で借金を整理することができるのは素晴らしいですが、これにより「ブラックリスト」に入ることになりますので、以後5年から10年にかけては新しい借り入れをすることはできなくなります。

ただ、借金の返済中なのですから借り入れはしないほうがいいので、「法律でお金を借りることができなくなる」というのはむしろ良いことととらえて下さい。

自分が「もう一度借りたい」と思ったとしても、できなくなるので借金が増えることはありません。

あとは、減額といっても債務整理ではそこまでの減額をすることはできないということもデメリットでしょうか。

自己破産などに比べると、減らす金額にはどうしても限界があります。

最近は「任意整理は受け付けません」という企業も出てきているようで、解決には限界があるという現実も…。

それでも、借金で悩む人にとっては大きな味方になってくれる法律です。

任意整理も含めて、自分はどうあるべきか・・・そもそもよくわからないのであれば、やっぱり相談するほうがいいかもしれないよね。

 

借金・債務の基礎知識 自己破産をしないために

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る