多重債務者になってしまう

借金返済するための7つのコツ

多重債務者になってしまう

読了までの目安時間:約 3分

 


多重債務者になってしまう

消費者金融に借入を申し込み、契約が決まった後は、実際の融資となります。

しかし、この金額は信用度によって、変わってくるようです。

融資の度合い

つまり、信用がある人には、消費者金融は高額な融資を行い、反対に低ければ、定額な融資を行うか、申込さえも拒否をするのです。

バブル崩壊後、長引く不況の影響により会社のリストラ・倒産で失業したり、収入が減少する人が増加しているようです。

多重債務者数や自己破産者数が多いか少ないかは考え方によってくるようです。

複数の借金

言葉の意味から考えると2箇所以上から借金がある時点で多重債務者なのです。

実際は3箇所以上とされているらしいが...相談するにも相談相手がいないのです。

クレジットカードの大量発行や、サラ金の無人契約機の普及などにより気軽に借金ができる社会となってきているのです。

多重な借り入れを知られたくないのです。相談すると自分が劣ってる人間のように思われてしまうようです。

今や一般化している多重債務者であることは別に恥ずかしい事ではないと思うのです。

複数のクレジット・サラ金業者などから借入れをして、返済が困難になっている多重債務者が増えているのです。

多重債務者とは、金額過多に陥っている人のことであり、多件数債務者とは、件数過多に陥っている人のことをいうのです。

5社で20万ずつの計100万の借入をしているというような人なのです。

1社20万しか借入ていないようですが、こういう人ほど、消費者金融は注視するのです。

なぜなら、信用度が低いから、数でまかなっていると見られるようです。

多重債務者への転げ落ちる

個人の自己破産申立件数も、2003年は24万件を超え、10年前の5倍以上に増えているのです。

また、返済が困難になっている多重債務者は、150万人から200万人は存在すると言われているのです。

多重債務者とは、サラ金等を中心として多数の貸金業者からお金を借り、その返済が困難または不可能になった人のことをいうのです。

現在のような簡単にお金を借りられる時代では、普通の人でも一歩誤ると多重債務者になってしまう可能性があるようです。

どちらにしろ多重債務者として一括りにされるようなのですが、消費者金融にとっては、両者の捉え方は全く違うものになるようです。

 

借金はどのような人がするか

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る