自己破産については一人で悩んでも解決しない

借金返済するための7つのコツ

自己破産については一人で悩んでも解決しない

読了までの目安時間:約 3分

 


自己破産については一人で悩んでも解決しない

自己破産は,人生の落伍者,この世の終わり」そんなイメージを持ってしまっていないでしょうか?

自己破産とは,多重債務者が人生を再スタートさせることが出来るように,法律で認められた借金をなくすための方法となっているのです。

自己破産を選択すること

サラ金業者をはじめ貸金業者はどのような手段で取り立てを行うのかを予め知っておくと役に立つことがあるかもしれないと思います。

借金返済が滞るとサラ金業者は取り立てという行為にでるようですが、取り立てには法的手段によるものと法的手段ではないものがあるようです。

自己破産すると,周囲にそのことがばれてしまう,戸籍や住民票に破産者であることが載ってしまう,会社を解雇されてしまう,その後の生活が出来なくなってしまうこれらはすべて真実ではないのです。

規制法にはしっかりと取り立て規制という形で法律化されているようですが、貸金業規制法には債権の取り立てをするに当たって、人を威迫し又はその生活若しくは業務の平穏を害するような言動により、その者を困惑させてはならないとシッカリ記載されているようです。

自己破産はこわくはない

自己破産のデメリットは限られているようですし,自己破産後に得た収入は自由に使用することが出来るようです。

自己破産はこわくはないようです。

取り立て規制は細かくわかれているのですが代表的なものとしては、取り立てにあたって債務者や保証人などに、電話、電報などで繰り返し連絡したり、訪問したりすることを禁じているようです。

借金の返済のために奔走したり,取立に苦しんだり,夜逃げや自殺を考えることは間違いなのです。

取り立て規制に違反

取り立て規制に違反すると、業者は6ヵ月以下の懲役、100万円以下の罰金に処せられるとともに、監督行政庁より登録取消処分や業務停止処分を受けることになるからなのです。

差し支えなければ教えるようにしましょう。因みに私は両親に返すを前提に名義を貸したためなのです。

使った内容は車検代や生活費、借金を借金で返すなどとなっているのです。現在自己破産の申し立て中なのです。

 

自己破産をする場合

もう1記事読んでみませんか?関連記事一覧

TOPへ戻る